屋根の雪下ろし作業

札幌市で行う「屋根の雪下し作業」とは?

北海道、札幌市や東北、北陸地方など雪の多い地域では、豪雪の後に屋根の雪下しをしなければならないことがあります。文字通り、人が屋根に上って積もった雪を下に落とすのです。この作業が必要な理由は、雪の重みで家がつぶれてしまう可能性があるためです。
最近は地球温暖化の影響で、かつてに比べれば降雪量も少なくなってきているとはいえ、とくに山間部などでは積雪が1メートルを超えることも珍しくはありません。とくに雪が水気を含んでくると、重みがどんどんと増してしまいかねません。そのため、雪下しの作業が必要となってくるのです。
屋根の雪をそのまま放置してしまうと、家屋のドアの部分や部屋に亀裂が生じたり、いちばん危険なのが、屋根の雪が固まりとなり、間違って人の頭に落下した際、大変大故に発生しますので、冬のシーズンで最低でも3回以上は屋根から雪を落とす必要です。

屋根の雪下し作業の危険性について

屋根から雪を落とす際は、もちろん屋根に登って、雪を下ろすのですから危険性が伴います。豪雪地帯では必ずといっていいほど、雪下し中に転落する事故が後を立ちません。屋根は傾斜がついており、また滑りやすくなっています。とくに過疎地域では、若年層が少なく、お年寄りが雪下しすることも珍しくありません。かといって雪下ろしをしないと、今度は住宅が倒壊の危険にさらされることにもなりかねません。

そのため、最近では人が屋根に登らなくてもいいように、電熱などで雪を溶かす装置の開発も進んでいますが、札幌市内ではほとんどの自宅はまだ電熱の屋根が少ないため、【人による屋根の雪落とし作業】が必要となるわけなんです。人間は自然をコントロールすることはできません。そして、費用の問題で住宅も簡単には補強改修することもできません。

そのため、札幌市で冬の間(12月から翌年の3月末まで)屋根の雪おろし作業を便利屋さんに頼むケースがほとんどです。とくに忙しい現代のお父さんたちは、会社での仕事で忙しかったり、冬の間北海道外に出張に行ったり、お母さんと子どもだけで暮らすご家庭も少なくありません。そんな中、予算に合った「格安」で「保険に加入済み」の便利屋さんに頼むことが一番安全な方法ではないでしょうか?

屋根の雪下し作業手順

雪下しをするためには、当然のことながら屋根に上に登らなければなりません。まず滑りにくいように、足底に滑り止めがついた長靴などを履くことが大切です。その後、はしごなどで屋根に登っていくのですが、スコップを持ってあがらなければならないので、転倒したり、転落したりしないように十分に気をつけなければなりません。
やはり一人で作業をするのは危険が伴うので、家族あるいは近所の人に声をかけてから作業をするのが望ましいでしょう。 当店ではもちろん安全作業のため2名からの伺い作業を徹底しております。

屋根の雪下ろしはプロにお任せ下さい!

札幌で屋根の雪おろし、カーポートの雪おろしや氷柱などの落とし作業なら【札幌の便利屋★札幌ハンディマン】にお任せ下さい!当店では1時間1名15,000円からの格安作業を約束!無料見積もりも札幌市内全エリア対応中ですのでお気軽にお問合せ下さい!もし見積もり時に、危険な状態で作業ができないと判断した場合でも、費用は一切かかりませんのでご安心下さい!

※屋根の雪下ろし作業は、安全のため二人作業員から伺いますのでご了承ください。
※三角屋根、勾配形の屋根は対応できかねますのでご了承ください。
※当店では、最善の努力をしており、事故が発生しないように致します!
※万が一予想不可能な事故が起きても、当店では【損害保険】に加入しているため、安心な作業をお客様にお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました